2015/03/24

カジノ法案と、日本人立ち入り禁止区域

← ポチっとお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ← ポチっとお願いします。


カジノ法案、30日にも再提出=日本人利用を制限―自維次3党

http://news.nicovideo.jp/watch/nw1509739

以下、本文より抜粋

「自民、維新、次世代の3党は24日、カジノ解禁を含む「特定複合観光施設区域整備推進法案」を30日にも衆院に再提出することを決めた。今国会での成立を目指すが、公明党内に依然として異論が強く、成立の見通しは立っていない。

 同法案の再提出は、24日に開かれた超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(会長・細田博之自民党幹事長代行)の役員会で確認された。再提出に当たり、ギャンブル依存症を懸念する慎重論に配慮し、日本人のカジノ利用を制限するため「必要な措置を講ずる」ことを政府に求める条文を法案に追加した。 」


一見、日本人に配慮したようにも見えるが、

そもそも、だったら日本でカジノなんてやるなという話です。

日本の中で、日本人立ち入り禁止区域ができてしまうという事です。

カジノ依存症を心配する前に、そもそもカジノ合法化なんてしなければいい。

ではなぜやるのか。

・カジノ合法化を進めて在日利権に利益を誘導する。(安倍自民はパチンコ議員が多いので当然)

・日本人のカジノ依存症を危惧するという理由で、日本人立ち入り禁止区域を作る。

・日本人立ち入り禁止のカジノ内で外国人の秘密会議が行われる。

グローバリズムが進むというのはこういう事なのです。
日本が日本人のものでは無くなるのです。

だからこれ以上のグローバリズムを阻止しなきゃいけないのです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント