2015/08/03

ヒゲの売国奴、佐藤正久

← クリックお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。



ヒゲの売国奴、佐藤正久



売国ヒゲ



東シナ海のメディア不要論…報道されない国会神質疑 東アジア黙示録  /ウェブリブログ



以下記事抜粋






立て続けに2人の議員が国会で中共のウイグル侵略・虐殺に言及した。難癖問答が反復される一方、決して報道されない神質問。東シナ海ガス田危機ではメディアの一斉職務放棄が暴かれる。

「NATOに加盟していない為、米国や英国・フランスの集団的自衛権の対象ではない。国連もロシアが常任理事国の1ヵ国だから実際に動くことは出来なかった」

モデルケースに挙げたのは、ウクライナだった。昨年3月の突如としたクリミア併呑。ロシアの暴挙を目の当たりにしても、国際社会は何ら有効な解決策を持ち得ず、侵略は既成事実となって今に至る。

参院に舞台を移した平和安全法制関連の質疑。自民党がトップバッターとして送り出したのは、国防問題のスペシャリスト・佐藤正久元防衛政務官だった。

一般的に既存メディアは与党質疑を取り上げないが、今回の質疑が伝えられないことは余りにも残念だ。「国民の理解」を考えた時、佐藤元政務官の説明は、必要不可欠と言える。

「厳しくなった日本を取り巻く環境から、国民のリスクを下げる為、自衛隊に動いて貰うことが必要。そこでいかに動くのか、プラカードを掲げるのではなく、法案を掲げてしっかり議論すべきだ」

質疑時間は実に118分。生存叙勲や賞じゅつ金といった自衛隊員の処遇改善を含め、テーマは多岐に渡った。2時間に及ぶ国会内“講義”は、これまでの関連質疑の中で最も分かり易く、核心をつくものだった。
▽2時間質疑に臨んだ佐藤元政務官(産経)

反日メディアが完全沈黙する中、その重要性に気付いた産経新聞は佐藤元政務官の質疑をWeb版で完全再録。全5編・計28ページという異例の大ボリュームで紹介した。

参照:産経新聞7月29日【安保法案・ヒゲ隊長質疑詳報(1)】「プラカードより法案掲げろ!」

約2時間の動画を視聴するには結構な根気が必要だが、内容は産経のWebで把握するとして、サワリだけでも見て欲しい。殆どメモに目を落とさず、専門的な内容を滔々と語る姿は圧巻だ。

教えてヒゲの隊長が登場!佐藤正久議員と安倍総理がわかりやすい説明付きで議論する[国会中継]最新2015/7/28

そして、この質疑が画期的だったのは、身近にある中共の脅威を真正面から捉え、歯に衣着せず論じたことにある。

【南シナ海の中共侵略マップ】

「中国には『戦略辺疆』という考え方がある。国力に応じて国境は変わるものだとしている」

かつて清は、朝貢国や影響下にある周辺地域を「戦略辺疆」と称し、自国領と見做した。そんな中世的な概念を用いて領土・領域の拡大に努めているのが、中共だ。

「戦略辺疆」には、中共政権が核心的利益と連呼する尖閣諸島や沖縄本島なども含まれる。習近平が「中華民族の偉大な復興」という妄想を広げる中、“辺境”への侵攻は勢いを増す。

その代表的な例が南シナ海である。佐藤正久元防衛政務官は、中共軍による南進の過程を簡潔に説明した。力の空白、軍事プレゼンスの変化に伴って、侵略を進めてきたことは明らかだ。

「ベトナムからフランス軍がいなくなったら西沙諸島に武力侵攻して半分を占領した。米国がベトナムから撤退したら残りの西沙諸島の半分に侵攻した」

中共軍は70年代までにパラセル諸島の大半を手中に収めた。中共軍がパラセル最大のウッディー島を侵略したのは、第一次インドシナ紛争の終結直後だった。(以下略)








元自衛艦である事を「売り」にして人気取りをし、
安保法制の「宣伝係」を務める、
ヒゲの隊長こと、佐藤正久ですが、


この男は、中国共産党によるチベットやウイグルの虐殺、
民族浄化を知っておきながら、

「日本人民族浄化法」である、
「改正国家戦略特区法」に賛成票を投じています。




売国ヒゲ投票



靖国参拝や、元自衛艦という肩書きを利用し、支持させ、
実は売国法に賛成票を投じている。



こういった、偽装保守の政治家のやり方が、本当に汚いと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

右翼も左翼も幹部クラスは、ダメリカの手先です。
在特会もしばき隊も幹部クラスはグルで裏では仲良し!
右と左の茶番プロレスを見抜けず、情弱のお花畑がデモ参加してます。
維新政党新風が裏ではしばき隊野間と仲良く談笑しています。
仲良く記念撮影したり、談笑してる証拠画像をよく見掛けます。


安保賛成vs安保反対 の茶番プロレスをプロ右翼とブロ左翼にやらせて、情弱のお花畑をデモ参加させてガス抜きさせて
結局は売国奴法案を通します。

プロ右翼もプロ左翼も、国家戦略特区にはスルーですね!
国家戦略特区は、外国人優遇特区であり日本人奴隷特区である日本人差別特区であるというのに!

所詮、プロ右翼もプロ左翼も飼い主は同じです。
アメリカの手先。
国民を騙すための工作員です。

やらせのバッシングやガス抜きデモで、踊らされてるあいだに、安保法案も通りました。
アメリカの石油利権の侵略戦争のパシリ兵士に日本人は成り下がるのです。

アメリカと中国は仲良く、日本を分割植民地にします。中国人移民の人口侵略。アメリカが日本を食いぶちにするTPP。

やらせの武器商人の支配層が大儲けする茶番八百長戦争は、繰り返してはいけません!
どんなに安倍が叩かれようが、黒幕のアメリカやグローバル武器商人は痛くも痒くもない。
兵器や原発が売れてあちこちに、火種が仕込まれれば、それで黒幕は大満足。

右翼と左翼のやらせ茶番プロレスに騙されてるお花畑が、末端デモ参加者やネット民に未だにいるので、心配です。


訂正です。

武器商人の支配層が大儲けする ヤラセの茶番八百長戦争は、繰り返してはいけません!
支配層はグルです。
支配層は右も左もグルで売国奴です!

デモなどでガス抜きさせて、結局は戦争させようという魂胆です。
ピラミッドの上層の支配層は戦争へは行かず、大儲けです。
戦争へ行かされるのはピラミッドの底辺の国民です。




安倍の二枚舌

安倍首相、中国系TVで大サービス
http://www.j-cast.com/2015/06/17238026.html

安保法案が中国との軍事衝突につながる危険性については「まったく想定し得ない」と断言し、日中関係発展のために「私も努力を積み重ねていきたい」と表明。

戦後70年の節目に出す談話についても、「アジアの人々に対して被害を与えた」ことに対する「痛切な反省」と口にした。

これまでの「力による現状変更は認められない」といった「牽制球」は登場せず、「地域の責任ある大国として発展していくことを望んでいる」と持ち上げるほどの「大サービス」ぶりだ。
(一部転載)

国会では、中国を名指しで非難。

集団的自衛権は、アメリカの為だという理解が深まる発言。

安倍「集団的自衛権は中国に対抗するため(キリッ」

嘘でした

国内では、強く中国を非難し、
中国に対しては、媚びへつらう。

卑怯を絵に描いた人物が、日本のトップ。

面白いブログですね。サヨクの真髄を垣間見ました。

「すでに衆議院を通過した安保法案に反対しているのは中国と韓国だけ。歓迎している国は、米国、英国、カナダ、フランス、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、ベトナム、マレーシア、タイ、インドネシア、ミャンマー、インド、EU各国、ASEAN等。

プラス、日本のサヨクさんと在日ね。
アジア全体が反対しているとか、勝手に戦争法案とかって名付けないようにね。

>なつこさん

安保法制に賛成しているのは、「「「朝鮮右翼」」」です。

あ、統一教会と言い換えた方がいいですかぁ?(笑)

国際勝共連合(統一教会)は集団的自衛権や憲法改正に賛成していますねえ。

No title

安倍はクソだからね