2017/04/26

考えうる限り、最大限に悪用されているのが嫌韓限定保守

マスコミのニュースには事実もあれば事実だけどヤラセとか、ガス抜きとかいろいろあります。
ですが、問題はニュースの中身だけではありません。
報道される順番にも工夫がされています。
例えば、一般国民も監視対象だと判明した
テロ等準備罪(その実は抗議禁止法)ですが、
そのニュースが大したことがないように報道するのも、簡単です。
まず、
「こんばんは、さて、今晩のニュースです」から始まり、
「今、緊迫している北朝鮮問題ですが」と報道されると、
それが今一番大事なニュースだと、見ている人たちは騙されます。
本当は一番重要な共謀罪も、後々に報道することで、あたかも大したことがないかのように印象操作することが出来ます。
しかも、順序は違えど報道さえしておけば、
「報道したじゃないか」という言い訳ができます。
そして、一方では、韓国人が強盗犯罪を起こします。
嫌韓しか分からない人は、韓国人が悪いことをやってる、だから共謀罪賛成、となってしまいます。
嫌韓感情はその為に、わざと盛り上げられたのです。
共謀罪「一般人も捜査対象」認める 副大臣 法相答弁と「食い違い」:政治(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201704/CK2017042202000138.html
例えば、緊急事態条項が入った憲法改正問題があります。
これを軍産複合体のために成立させたい日本政府は、当然、嫌韓を利用します。
見るからに韓国人や中国人だと思える人達に、憲法改正を反対させます。
すると、嫌韓しか分からない人たちは、
韓国人や中国人が嫌がるのだから、憲法改正が正しい、と勘違いしてしまいます。
‪憲法改正「時代の要請」…70周年式典で首相 : 読売新聞 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170426-OYT1T50104.html?from=tw‬
アメリカに押し付けられた憲法を改正したいと言いながらその改正案がアメリカ製じゃどうしようもない。
考えうる限り、最大限に悪用されているのが嫌韓限定保守という存在であり、最大の売国応援部隊となってしまっています。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

拡散しましょう!

安倍首相 「憲法は国の未来を語るもの」改憲に改めて意欲毎日新聞2017年4月26日 21時00分(最終更新 4月26日 21時00分)
https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00m/010/086000c

憲法って国の未来を語るものなのでしょうか?
教育勅語の是非。安倍首相の憲法観を疑う BEST T!MES 適菜収 2017年4月12日
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170413-00005248-besttimes-pol
一部引用します!
当たり前の話だが、それ(憲法)は伝統による正統性を持った規範であり、「私たちの理想や国のあり方、未来について語るもの」ではない。安倍が妄想を膨らませて「理想の国家」を語ったものが憲法になるなら、それこそ王権時代への逆戻りである。
憲法は国の根幹であり、チンパンジーに触らせたら危険である。私は改憲派だが、安倍が改憲するくらいなら、未来永劫、今の憲法のままでいい。「憲法改正!」と大きな声を出せば、情弱の自称保守や耄碌した老人が喜んでくれるのかもしれないが、いじましいんですね。みっともない政治家ですよ、はっきり言って。
安倍を支持している連中のメンタリティーは基本的には左翼です。とにかく憲法を変えればうまくいくというのは単なるオプティミズムであり、憲法を変えたら戦争になるという左翼と同類の花畑。 9条改正というエサを目の前にぶらさげられれば、たとえ腐っていても平気で食べてしまう。
安倍総理は憲法とは何かを全く理解していないんですね。適菜収さんのご指摘通り、憲法改正を声高に叫ぶ自称保守はここまで堕落してしまったんですね。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです