2016/08/28

TPP 強行採決の可能性

← クリックお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。




TPP 強行採決の可能性




安倍自民公明という、過去最悪の売国政権が、
国民にTPPの真実を隠したまま、強行採決しようとしているようです。




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160828-00010001-agrinews-pol




記事抜粋










環太平洋連携協定(TPP)承認案の審議が、9月召集の臨時国会で再開する。11月8日の米大統領選までの衆院通過を目指す政府・与党。だが民進党代表選の影響で召集日は26日にずれ込む見通し。審議日程が窮屈になり、強行採決の可能性もある。

 政府・与党は、臨時国会を9月13日に召集し、TPPの審議時間を確保する構えだった。だが民進党代表選が15日に設定され、26日召集で調整せざるを得なくなった。同党の新執行部が決まらなければ、事実上、審議が進められないためだ。

 約2週間のずれ込みだが、政府・与党には「かなり痛い」(政府筋)。米大統領選候補がTPP反対を強調する中、「大統領選までに衆院を通過させ、日本が承認する見通しを付ける」(同)ことで、米国の早期批准を促す考えがあるからだ。

 26日召集になれば、2016年度第2次補正予算案の審議などを優先し、衆院TPP特別委員会の審議再開は、10月中旬にずれ込むとみられる。参院選でTPP反対を掲げた民進、共産などの野党の厳しい追及は必至で、11月8日までに衆院通過が「微妙」(自民党幹部)な情勢だ。

 円滑な審議に向け、自民党は臨時国会で衆院TPP特別委員長を西川公也氏から塩谷立氏に代える。通常国会では、西川氏の著作とされる「TPP内幕本」が審議停滞の一因となったためだ。審議日程を野党と調整する筆頭理事も森山裕前農相に交代し、万全を期す。

 与党側は、衆院通過までに、通常国会(約23時間)と合算して40時間程度の審議を想定する。だが野党はゼロからやり直すとの考え。8月に就任した山本有二農相らのTPPへの答弁能力も未知数で、政府・与党内には「与党だけで強行採決もやむを得ない」との指摘もある。










移民政策を事実上とっていることすら、言葉を変えて
隠蔽するのが安倍内閣のやり方です。




また、「残業自由化」法案も、「働き方改革」と
印象の良い言葉で騙して進めようとしています。




14063744_842340909230914_2118414363770014633_n.jpg




どんな酷い売国も、印象の良い名称に変えて、
国民を騙して進めるのが自民党という政党です。
つまりは日本政府の常套手段です。




これ以上「しょうがない」で済ましていたら、日本国民は
完全に詰みます。











スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

陰謀論と言われないために

キリスト教、イスラム教は、ユダヤ教を母体とした宗教です。だからキリスト教でも旧約聖書を使います。カトリックの聖歌にはよくイスラエルという言葉が出てきます。(このことが良く分からなければモーツァルトなどのレクイエムを聞いてください。エルサレム、シオン、アブラハムなどの言葉が良く出てきます。)

ユダヤ金融の問題は確かにあるかもしれませんが、グローバル化の目的は全世界をユダヤ教化することではなく無神論化することです。(共産主義なのだから当然です。)

No title

アメリカより先に日本がTPPを承認してアメリカ議会のTPP承認を促すなどアメリカに対する内政干渉です。

トランプが大統領になり、拒否することを望みます