朝敵・安倍晋三

3 0
← クリックお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。




朝敵・安倍晋三




安倍晋三




陛下、皇室を大事にしているように見せ、実は皇室を日本から無くそうとしている。
それが、グローバリスト安倍晋三と安倍内閣の本音でしょう。





天皇陛下 お言葉全文「象徴としてのお務めについて」




陛下ははっきりと、「国の象徴」としてのお立場を語られました。



しかし、安倍内閣や日本のマスコミは、陛下の本当の御意志には触れようとせず、
「公務に問題が出ないように法整備をする」という、とんでもない発言をしております。




政府、有識者会議設置へ=安倍首相「重く受け止める」―陛下お気持ち表明




以下、記事抜粋します。










安倍晋三首相は8日午後、天皇陛下のお気持ち表明を受け、首相官邸で記者団に「天皇陛下のご心労に思いを致し、どのようなことができるのか、しっかり考えていかなければいけない」と語った。政府は今後、有識者会議を設置して意見を聞く方針。ただ、陛下のご発言が政府の動きに直結したと受け取られないよう、設置時期も含め慎重に判断する。

 首相は記者団に「私としては、天皇陛下が国民に向けてご発言されたことを重く受け止めている」と表明。政府の検討に当たっては「天皇陛下のご年齢やご公務の負担の現状」を十分に考慮する考えを示した。

 菅義偉官房長官はこの後の記者会見で、陛下のお気持ち表明について、「将来的に公務の円滑な遂行が困難になる可能性があるとの気持ちを述べた」との認識を示した。憲法4条は天皇の国政に関する権能を否定しているが、菅長官は「国政に影響を及ぼす発言ではなく、憲法との関係で問題になるとは考えていない」と指摘した。

 有識者会議について、政府は憲法に抵触しないよう当面は設置を見合わせる方針だ。直ちに設置すれば、陛下が政府に対して検討の指示を出されたと解釈する余地が生じるためで、政府関係者は「しばらく時間を要する」と語った。臨時国会の議論や世論の動向なども踏まえて対応する。

 有識者会議のメンバーは学識経験者が中心になるとみられる。皇室制度の根幹に関わる議題を取り扱うため、人選も注意深く進める。









すなわち、憲法改正で陛下を「国家元首」に変えてしまおうという
安倍内閣の憲法改正は、陛下の御意志に反するものということです。




偽装愛国カルトや、自称・保守が支持する憲法改正に賛成する事は、反日行為です。











ページトップ