FC2ブログ
2018/03/06

人類がこの世に誕生して以来、ずっと変わっていない事。この世界を悪い方向へと誘導する、2極論。

← クリックお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。


森友問題や働き方改革に関する公文書の偽装問題が明るみに出てきました。
その話は他にも触れてる方がたくさんいらっしゃるので、今日は違う話をします。

人類が誕生して以来、ずっと変わっていないことが色々あります。

例えば、性的マイノリティ問題もその一つです。

10人に一人、100人いたら10人、1000人いたら100人(!)が、
LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)

という事実がありながら、その存在を否定し続けてきた歴史があります。


つい最近、BSで「弟の夫」というドラマが放映されていました。
タイトルからして「ん?」と思わせるタイトルですが、LGBTをテーマにしたヒューマンドラマです。

あらすじは、こうです。




主人公の弥一は、妻と離婚し、一人娘の夏菜を育てる父親です。
しかし、彼にはずっと心に引っかかっていることがありました。

それは、双子の弟の涼二が、ゲイであることを知った時から交流を断ち切り、
わかりあうことができないまま、弟を亡くしてしまったことでした。

そんな中、亡くなった弟のパートナーであるマイクがカナダから日本の弥一の家を訪れてきます。

弥一はノーマル以外の人間の存在を認めることができない、頭の固いタイプの男性です。
なので、マイクを見る目も偏見に満ちていました。

「俺の弟が、こいつに抱かれていたなんて、気持ち悪い」
「俺のこともそういう目で見てるのかも。勘弁してくれ。。。」

まぁ、酷いもんです。

そこに、娘の夏菜がやってきて、「この人誰?」と聞きます。
弥一は「弟の夫だ」ということができずに、目をそらし話をそらします。

ですが、先入観を持っていない夏菜にとって、マイクが「伯父」であることは、
何の問題でもありませんでした。

「マイクは私の叔父さんなんでしょ?だったらウチに泊まって!」

夏菜の言葉に、悪気は全く感じられません。偏見を持っていないからです。

しかし、弥一はその話題から逃げようとし、今は亡き自分の弟の存在を恥じるという有様。

この登場人物の中で、一番正しい目で世の中を見ることができているのは、
小学生の夏菜だけでした。





と、ざっというとこんな話です。

なぜこの話を取り上げたのかというと、

男はこう、女はこう、とか、
右翼じゃなければ左翼に決まってる、とか、
反米なら親中に決まってる、だとか、

そういった、あまりに単純すぎる二極論が、全てにおいて悪影響をこの世界に与えてしまっていると
思えてしまったからなのです。

次回に続きます。
スポンサーサイト



2017/11/28

頭の固いオッさんが、自分を正当化するために利用する言葉「日本の伝統」

← クリックお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。



「同性パートナーの宮中晩餐会出席に反対」する日本の“伝統”と、同性愛を公表する世界中の政治家たち - エキサイトニュース(1/4)
https://www.excite.co.jp/News/society_g/20171125/Wezzy_50818.html @ExciteJapanさんから


以下、抜粋します。






自民党の竹下亘総務会長が、岐阜県で開かれた自民党支部パーティーの講演の際に、「(宮中晩餐会に招く国賓の)パートナーが同性だった場合、出席は反対。日本の伝統に合わない」といった主旨の発言をしたことが話題になっている(「宮中晩餐会の同性パートナー出席、反対」自民・竹下氏)。






保守、愛国に見せかけた、ただの排他主義者というのが存在します。
上記の自民・竹下も、その部類です。


この問題に、「日本の伝統に合わない」とか、関係ありません。


そもそも、


右翼や保守を自称する人々の中に、勘違いしている人がいます。


日本の伝統、の中には、
良い伝統と、悪しき伝統があります。


この自民の竹下のように、自分の意見を押し付けるときに
「日本の伝統ガー」という言葉を利用する輩が多い!



日本の「悪しき伝統」は、排除すべきです。



テメェの頭が硬いことと、日本の伝統は、関係ありません。