2017/07/31

マスコミに騙される人はネットでも騙される!「右翼・左翼の二分化」

← クリックお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。



マスコミに騙される人はネットでも騙される!「右翼・左翼の二分化」


政策の内容を良く見て判断すれば、そんな間違いは起こらないはずですが、


ネットの普及により、情報を入手する手段が格段に増えたことが良い反面であると同時に、
ネット普及以前よりも間違った「二分化」に騙される人があとを経ちません。


例えば共謀罪や自由盗聴法を例に挙げると、
誰かが「共謀罪に反対するのは左翼、テロ予備軍だけ」と言い出せば
共謀罪の中身も見ずに、そう思ってしまう、と言う事例があります。


まず、この世の中に、真っ二つに別れるような、分かりやすい区切りは
存在しません。

(金持ち層と一般層という分類だけはありますが)

左翼が反対しているから正しい、という判断では全く正しい判断は
できないのですが、
そこを非常にうまく狙ってるのが、ネット工作をする側です。

いかにも、見た目からして左翼と見える人たちにわざとTPPや憲法改正に反対させます。

そして、保守を自称する言論人や団体が、その様子を取り上げ、
「その反対が正しい」と思わせるのです。

共謀罪に反対するのは左翼、パヨクなんて、
まさか本気で思っている人はいないと信じたいですが、
残念ながら、いるのです。

共産党があれほど反対するのなら、正しいのだろう、と思い込んで
そこで止まってしまうのです。

グローバルエリート側は頭が良いです。
右左ですぐに判断するような人を、真っ先に騙そうとします。

TPPや共謀罪に、右も左もあったもんじゃありません。

ですが、わざわざ右翼左翼の問題に持っていく輩がいます。

そして、これにまんまと騙される人は、
かつてのテレビでも、まんまと騙されてきた人たちとほぼ、同じはずです。


本日のニュース


籠池夫妻を逮捕、補助金不正受給の疑い
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3119231.htm
スポンサーサイト