2015/08/31

売国法案をいくつも通した後、愛国パフォーマンスで騙す安倍内閣

← クリックお願いします。
← クリック御願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村 ←クリックお願いします。



8月28日に、いくつもの売国法案が可決されてしまいました。



「男女共同参画社会の形成の促進に関する件」(日本女性もっと働け家事は外国人家政婦に任せろ法案)

「個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法律案」(マイナンバー法の改正案)

「農業協同組合法等の一部を改正する等の法律案」(農地売却法案)








更に、自由盗聴法・インターネット監視法である
「刑事訴訟法等の一部を改正する法律案」
衆院で強制採決し、参院で審議中です。








これだけ数々の売国法案を審議、可決していきながら、
安倍内閣は「愛国パフォーマンス」もしっかり忘れずにやっています。




開会日:
2015年8月31日
収録時間:
約2時間18分
会議名:
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会



http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php



拉致被害者問題の政治利用です。



国土を売却する法案や、国民の個人情報を監視し盗み取るような法案を
通しておきながら、
支持率が落ちてきたところを見計らって、
「拉致問題」を取り上げる。
今まで何度も繰り返されてきた光景です。




安倍晋三、安倍自民は、
「拉致被害者家族会を早々に打ち切って、エクザイルのコンサートへ行き
支持を集めるパフォーマンスを優先」した過去があります。



c533f4b975960fe223c58f816cd25a04.jpg



安倍内閣と安倍晋三は、拉致被害者問題は、
「いざという時の為の道具」くらいにしか考えていません。



正義のふりをして悪事を働く政治家ほど、タチの悪いものはありません。
さっさと安倍晋三を総理の座から降ろしましょう。




スポンサーサイト